ただただ、自分自身へ表現する。

どんなに高性能のカメラが現れようと、この眼には敵わないし、

どんなに高性能のスピーカーが現れようと、

この耳には敵わない

常に備われていて

常に使っているこの身体の機能を堪能しようぜ

適当な線から魔神が表れた

機械ロボットの魔神かな

魔神型の舟かな

線ひとつひとつを拡大すると

人間含めた全ての生き物で出来ていて

何を誰がしようが

完璧な形を崩さず、計算され連携しているとか笑

遠い遠い遠い時代の

科学と魔法と文明

って感じだろうか

適当、考えない、自由なめちゃくちゃ、言語より感覚、雰囲気、

こっちのが合っているし

生き生きするのだけれど、

この感覚を理性と常識と恐れや観念が止めてしまう。

感情のあぶり出し

気付く観念たち

不思議な体験

夢でのメッセージ

シンクロ

色んな勢いの流れが凄い

これらはきっと

自由に生き生きと生きていけるようにしてくれるものだから、大丈夫!

可愛いもの

綺麗なもの

面白いもの

不思議なもの

神秘的なもの

意味が分からないもの

ゾクゾクするちょっと怖く感じるもの

大好き

感性があるから、感じられる

心惹かれることができる

好き、嫌いの前にあるのは

先入観や観念で

それを越えると、純な感覚で見れる

偉大な発明家とか偉人と呼ばれる人たちは

とてもぶっ飛んだクレイジーな一面があると言われている

そこに惹かれてしまう笑

光が強ければ影も強くなると言う

その影が怖いから、光を抑えるんだろうな

光も影も自分の表現の現れと

自分と周りの価値観で決まる

人の価値観を変えることもコントロールもできない

何より自分が誰かにコントロールされるのが大嫌いなのだから

自分の好きな光と影の表現を出来たらそれでいいんだよね

自分の好きなように表現した瞬間、その満足感で満たされて

周りなんてこれっぽっちも気にならなくなるかもしれないね

どんな風に光を表現したいかな?

どんな風に影を表現したいかな?

あれ?

表現すること周りの人に見せなきゃいけない

って思い込んでた

一番に見せたいのは

自分自身へだった

自分自身になら

どんな自分をも見せてあげても大丈夫

それを、否定するのが自己嫌悪とかネガティブな思いなんだね

自分を受け止めてあげられたら、

やっぱりもう、それだげで十分なんだ()

まずそれからだもんね

焦らない、ゆっくりゆっくり

ゆっくり、

自分自身を置いて行かないでいこう